A well-known fable tells of the blind men and the elephant. Several blind men felt different parts of an elephant and discussed what kind of animal it was.
Though they had all felt the same elephant, the man who had felt its leg said it was like a tree, and the one who had felt its trunk said it was like a snake. The moral of the story is that even when people are discussing the same thing, they may assess it in completely different ways depending on their impressions, and that just grasping one small part of something does not mean you grasp its entirety.

Drawing may be similar to this groping around in the dark. I record something I have encountered, and observe and think about what it is. In my blind state, my imagination, belief, longing, doubts, disappointments, and misunderstandings all make their way into the works. For me, these small things accumulate to form a large map of an unknown territory.

I started drawing in 1992, when I was 20 years old. I've been drawing on paper of the same size on a daily basis for over 25 years. This repetition is crucial, and the format is compatible with gradually increasing complexity and freedom, depending on the amount of time spent and number of sheets used.

“I believe that drawing on paper is very important. Drawing on paper is hardly a unique medium, but it is the one that I arrived at. For me it has always been and will continue to be a new, radical, yet precise medium. It connects the self to the work very simply and yet very intimately. It is a practice that resembles walking.” (2002)

“The latest picture I’ve drawn is an accumulation of all my drawings so far, so I could say it took 21 years to produce. And the first drawing I ever did has gained new value over the years. Both of these thin pieces of paper, the first and the latest, have gained heft and complexity with time.” (2013)

If we view each drawing as a cross-section of the world, a single drawing is like the blind men’s elephant.
I believe that every drawing presents one aspect of multifarious impressions, values changing over time, and phenomena that cannot be grasped in their entirety.

It is the process of taking a nameless and seemingly indeterminate event, and assingning it a specific from.




「群盲象を評す」ということわざがあります。これは複数の盲人が一頭の象を触ってみて、象とは如何なる動物かと語ってみたという逸話に基づいています。
同じ象であっても、足を触った盲人は「木である」と言い、鼻を触れた盲人は「蛇である」と言う。「論ずる対象が同じであっても、その印象も評価も人それぞれに異なる」という意味であり、また「わずか一部分を取り上げたところで、その事象の全てがわかるわけではない」という意味でもあります。

ドローイングはこれに似た行為かもしれません。触れたものを記し、それが何かと観察し、考えます。盲目の中で、想像すること、信じること、憧れ、疑いや失望、勘違いのすべてはこれらの絵の中にあります。その蓄積でわたしの大きな地図はつくられます。

ドローイングを描き始めたのは1992年、20歳の時でした。わたしは同じ大きさの紙に25年以上、日常的にドローイングを繰り返してきました。この繰り返しはとても重要で、時間や枚数によって次第に複雑さを重ねていくことと、同時に自由になることが両立されています。

「私は紙のドローイングが非常に大切である。紙にドローイングという方法は、特別な方法ではないと思うが、私はこの方法を発見した。私にとってはいつも新しく、過激で、的確な方法であり、また存在であり続けている。とても簡素に、そして丁寧に自分と作品をつなげる。それは歩くことに似ている」(2002年)

「最新の一枚の絵は、それまでのドローイングすべての蓄積であり、ある意味21年間かけて描いたものだといえます。そして最初の一枚は、いままでの時間をかけて価値付けされてきたものです。この薄い紙の絵はどちらも時間の重厚さと複雑さを孕んでいるのではないかと思います」(2013年)

これらのドローイングが世界を探る一断面であるということから転じて、実は一枚のドローイングが、一頭の象そのものでもあります。
一枚のドローイングが、異なる印象や変容する価値、把握できない事象の一つの対象としてあるのではないかと思います。

それは不確かと思われてしまう名前のない事象に一つの象(かたち)を与えることです。


























motonoriinagaki.com
Copyright © 2012 Motonori Inagaki All Rights Reserved.